家具としての椅子の費用

椅子は種類によって費用が変わってきます。家具として実用的な物ですが、インテリアとしての役割も大きいです。元々明治維新までは日本の文化に存在しませんでした。和服を着用し、畳中心の日本家屋には必要なかったのです。明治維新後、西洋文化が入ってきて暮しも変化してきました。椅子も安価の物から高価な物まであった筈です。鹿鳴館を思い浮かべると、華やかな高級感のあるソファーがイメージ出来ます。煌びやかな女性のドレスと共に、家具というより部屋を豪華に装飾する物のようでした。必要不可欠でリーズナブルな価格になるのには、時を要したようです。

椅子にこだわって良い暮らしを

住まいの家具として必ず必要になる椅子ですが、日常的に使うものだからこそ、素材にこだわり、スタイルにこだわり、座り心地にこだわることでワンランク上の日常を演出することができます。例えば、無垢材を使ったチェアは、美しい木目と重厚感で優雅さを演出します。あるいは、英国アンティーク調のチェアはシックで上品な雰囲気を醸し出し、座る人の心も優雅なものにします。曲げ材を使った和風のチェアをダイニングに置くのも良いでしょう。身体に密着する家具である椅子だからこそ、美しく質が良いものを選び、生活に花を添えてみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP